楓涼さんの恋愛マニュアルである「悪徳の書」の感想

そして、これと対極にある、このような男には、従いたく無いと、女におもわせてしまう要素が2つ有ります。

女が、この男の子には、従いたい。
そう想ってしまう大切な要素が4つ有りますでしょう。
その要素は、どれ一つとして、欠かしてはいけません。
個々の要素が、そろっている状態で、
女の従いたいと言う気持を刺激しますでしょう。

 

そして、これと対極にある、このような男には、従いたく無いと、女におもわせてしまう要素が2つ有ります。

 

これらを展開して、あなたの身につけるのは、必須なのです。
展開し、意識する事が出来れば、あなたは、
早速でも、これらを身につける事が出来ますでしょう。

 

そういったたいせつな要素とは、いったい何か?

 

 

 

 

あなたが話をしても、
オンナの感覚を変える事はできなかったばあい。

 

有る事をやってみると、途端に女の感覚を
変える事ができたりしますでしょう。
其れは、あなたと女の子との間には、早速は築く事が出来無い“蓄積量”が、関連しているのなのです。

 

あなたと女との間に、瞬間で、其れを構築するのは、
物理的にムリなのです。
けど、あなたは、ちょっとした方式をしれば、
其れが可能に成るのなのです。

 

ものの、数時間で、あなたと女との間に長年の関連から得る事が出来無い蓄積を手にする事が出来るのなのです。

 

 

私のトモダチで、とんでも無い美女を、
次々に落とす事が出来る男がいました。

 

彼は、特別な何かを持っているとは想えませんでした。
特に抜きに出て、何か大きな価値を持っているわけでも有りません。
パッと瞬間的に、分かるような長所があるようにも見えませんでした。

 

そんな彼なのなのですけど、其れでも、ごく自然カンタンに手に入ら無い水準の女を手にいれていたのなのです。

 

そして、私は有る時、その彼の使っていた手法を知る事ができました。

 

それは、ものすごく原始的であり、それがそこ迄
女に影響するとは私はかんがえられませんでしたが…。